モテる男はどの様な層に誹謗中傷されやすい?

モテる男はどの様な層に誹謗中傷されやすい?

男として魅力がないと自分で思い込んでいるような人ほど、モテる男を敵視する傾向にあります。

嫉妬やひがみが誹謗中傷に発展するのは、同じ環境や条件で働いて成果を出しているにもかかわらず、人気の差に明らかな違いがある場合、個人を全否定されたと感じる人は少なからずいるようです。

どの様な層であれ、争いごとやもめごとは同じようなレベルの人たちの間で起こることが多いものです。

同じ職場の同僚、同じクラブのチームメイトなどで、能力も成果も実績も拮抗しているにもかかわらず、その中で一段と人気が高かったり、モテる男の人を誹謗中傷する傾向にあるようです。

多くは自己憐憫の裏返しで、モテない男の人はモテる男の人ほど、努力が足りなかったり周囲へのコミュニケーションに不足していたりと、いろいろ足りない部分は多いようです。

モテる男が誹謗中傷されても気にしない男が多い理由

モテる男が誹謗中傷されても気にしない男が多い理由

モテる男の場合、結構肝が据わっていることが多く、多少のことでは動じないことが多いようです。小さなことに対して、ゴチャゴチャ言わないから逆にモテるのかもしれません。

自分自身のあるべき姿や本来の姿をしっかりと保ち、ブレがないからこそモテる訳です。このようにモテる男は、誹謗中傷くらいでは動じることもないですし、あまり気にしないのが事実です。

誹謗中傷を受けたときに、いろいろと言い訳する必要の無いものに対して事細かに対応するから、さらに炎上するわけです。だからと言うわけではありませんが、モテる男は小さなことには気にせず、いつも通りのマイペースで行きます。

結果としてそれほど炎上することもなくすんなりとやり過ごすことが出来るわけです。

ネット上で誹謗中傷をする人の特徴

ネット上で誹謗中傷をする人の特徴

ネット上で多くの誹謗中傷を繰り返す人には、共通して見られる特徴というのはあまり見当たらないという傾向にあります。

ネットが普及してあらゆる人が気軽に触れることのできる環境となったために、男女年齢を問わずに誹謗中傷を書き込んでしまうことが見られます。

インターネットリテラシーの低い弱年齢層、実社会でのコミュニケーション能力が乏しい人などが特に悪質な書き込みを行う傾向あるというイメージも持たれています。

しかし実際に名誉棄損の案件で検挙された人の中にはごく普通の会社員であったり、真面目な公務員であったりするケースも少なくありません。

自分自身もそのような悪質な書き込みを行う側にならないよう、常に気をつけておくことも必要です。