ネット上で誹謗中傷に遭ったら先ずやるべきこと

ネット上で誹謗中傷に遭ったら先ずやるべきこと

ネット上で自分に対して誹謗中傷された場合には、利用しているサービスの運営者に誹謗中傷の削除を依頼しましょう。運営側に依頼することで、その後運営側から誹謗中傷した相手に対して削除に応じるように連絡がいくことになります。

いたずら感覚で誹謗中傷した場合には、削除に応じることも多いため、最初にやるべきこととしては、運営側に対して削除依頼をすることが大切です。

また、削除依頼に対して相手が応じない場合などは、相手のアクセスログの提供を求めましょう。中傷をした証拠を得ることになり、相手側が利用しているプロバイダに対して情報請求する際に利用できます。

状況によっては中傷した相手を通報をするケースに発展することもありますが、相手に対してしっかりと忠告をすることや証拠を集めるなどいろいろと自分にできる範囲で対処することも大切です。

何故、ネット上で誹謗中傷される?

何故、ネット上で誹謗中傷される?

ネット上で誹謗中傷される理由の1つとして、「相手の顔が見えない」ということが挙げられます。顔が見えない事により対人している感覚がなく、匿名の場合には自分の発言に対してなんの責任も感じないのでしょう。

ネット上で現実では言えないような事を言っても、その後バレなければ本人に直接何かあるわけではないですし、ネット上でのやり取りはあくまでも文字、文章なので誹謗中傷している自覚や、自分が書き込んだ言葉で相手を傷付けている自覚も無くなってしまうものです。

相手が見ず知らずの人だと尚更です。ネット上でその人と何かあったとしても今後の自分の人生には関係ないと思っている人も少なくないと思います。

誹謗中傷しやすい環境を今のネット社会が作ってしまっているのも事実ですね。

誹謗中傷をした相手に損害賠償請求は可能?

誹謗中傷をした相手に損害賠償請求は可能?

誹謗中傷をした相手に損害賠償請求をすることが、可能な場合があります。人を誹謗中傷することは、民法でいう不法行為にあたることがあります。

不法行為とは、端的にいいますと人に故意や過失で危害を加えることであり、その危害の内容には怪我をするなどの身体的損害のみならず、精神的ショックなどの精神的損害まで含みます。かかる理由で損害賠償請求が可能なのです。

ただし、実際に裁判になった場合に、誹謗中傷があったこと、またそれで精神的苦痛を受けたことを立証するのはこちら側であるという点は注意しなければなりません。

精神的損害を示すために、ネット上であればスクリーンショットなどを利用して証拠を残しておくということが、後々非常に大切になってくるのです。