2chで誹謗中傷されやすい理由

2chで誹謗中傷されやすい理由

ネット掲示板、2chで誹謗中傷の投稿が多く見られる理由として、その匿名性が挙げられます。2chは無記名で誰でも簡単に文章を投稿することができます。

そのため誹謗中傷の投稿者は外聞を全く気にすることなく悪口や根も葉もない噂を流布することができます。また2chでは、いわゆる自作自演投稿を簡単に行うこともできます。

複数人で特定の誰かを攻撃しているように見せることで、会話の流れをその被害者への誹謗中傷へと誘導することができます。他に2chで誹謗中傷投稿が目立つ理由として、2ch運営者の誹謗中傷対策への意識の低さが挙げられます。

削除依頼を出しても他の大手SNSのように早急に対処されることは少なく、また削除依頼自体が無視されてしまう場合があります。

ツイッターは誹謗中傷されやすい?

ツイッターは誹謗中傷されやすい?

ツイッターは、数あるSNSの中でも、特にアクティブユーザーが多いのと同時に、さまざまな考えを持った人物が、匿名で書き込みをすることも可能です。

また、文字数に制限があるため、意図せずとも、ついつい言葉足らずになってしまい、無用な争いを招いてしまうことも少なくありません。

そのような事情から、気軽に書き込みを行うことによって、ちょっとした誤解や勘違いから、誹謗中傷へと発展しやすい環境にあることは確かです。

その一方で、価値観の合う人と共感し合えたり、逆に違う価値観の人と出会うことで、新たな発見が体験できるというチャンスが広がるメリットは、簡単に排除したくないところでもあります。

無用な誹謗中傷のターゲットに陥ってしまうことを避けるためには、誤解を招かないようにしたり、読み手を気遣うような、丁寧な表現を心がけながら、SNSの有益な部分を享受し、上手に付き合いながら活用したいところです。

2chとTwitterならどちらが誹謗中傷が多い?

2chとTwitterならどちらが誹謗中傷が多い?

2chでは昔から誹謗中傷は当たり前です。ただ、2chでは個人を特定するということが難しく、IDによって特定はできますがIPアドレスが変ると特定できません。

IPアドレスはネット接続を切断することで、IPアドレスが再度与えられるためIDの変更が可能です。ただ、同じ文章を連投したり同じ内容を書き込むことで、同一人物と判断されることがあります。

これとは違いTwitterでは、特定の個人がすぐに分かるわけです。そのような理由から、自分と思想や主義主張が異なる場合、繰り返し誹謗中傷を重ねることがあります。

悪意を持って誹謗中傷をした場合には、警察への訴えで裁判所の判断により情報開示の判断が下されることがります。そうすると、誹謗中傷を行っていた個人を特定し裁判に持ち込むことも可能になってきます。