誹謗中傷は自分の力だけで削除可能?

誹謗中傷は自分の力だけで削除可能?

SNSをただ普通に使っていただけなのに、ある日突然誹謗中傷のメッセージが大量に届いた、こういった経験をした方が最近増えつつあります。

SNSの利用者が急増した結果、同時に迷惑行為をする悪質ユーザーも増加したためです。誹謗中傷の文章が、いわゆるダイレクトメッセージで届いたのであれば、自分の元に届いた文章を削除すればOKです。

しかし、悪質なユーザーが誹謗中傷の文章を、その人自身のブログやSNSに投稿していた場合は、自分の力では削除出来ません。

加害者が利用しているブログの運営会社に相談する、SNSであれば同じく運営元の相談窓口にメールを送付する等、第三者の力を借りなければいけません。

加害者に直談判しても削除してもらえる確率は低く、より酷い誹謗中傷を受ける原因になりますので、相談すべきは誹謗中傷のメッセージが投稿された媒体の「管理者」です。

誹謗中傷は刑事事件として告訴は可能?

誹謗中傷は刑事事件として告訴は可能?

誹謗中傷は条件が揃っていれば刑事事件として告訴可能です。不特定や多数の人が認識できることが必要になるため、誰にも聞かれない状況であったり、自分以外が目にすることがないメールなどで誹謗中傷された場合は刑事事件にはなりません。

ですが、周囲に人がいたり、インターネットの掲示板に書き込みが行われているのであれば告訴することが可能になります。

インターネット上の匿名の掲示板などでは加害者が見えにくくなりますが、運営者は法律によって一定期間アクセス記録を残すことが義務付けられているので、IPから特定できます。

なお、確実に警察に動いてもらいたいのであれば被害届ではなく、効力の強い告訴状を提出します。この場合、詳細な情報が必要になるため、弁護士への依頼も検討しましょう。

削除依頼に応じて貰えない場合について

削除依頼に応じて貰えない場合について

ネット上の自分や所属する団体に対しての誹謗中傷を管理者に対して削除依頼をしたが、それに応じて貰えない場合の対処方法として挙げられるのが、民事的な責任を、誹謗中傷を書き込んだ人に対して追及して、損害賠償金を請求したりする事案です。

名誉毀損罪や、侮辱罪といった刑事事件として訴訟を起こしたりする方法になります。名誉毀損罪として訴訟を起こすためには、誹謗中傷されたと感じた書き込みが、その人や、団体の社会的な評価を下げていると推測される内容となっていることが必要となります。

また、社会的な評価を下げるような内容であったとしても、書き込まれた内容が真実である場合や、真実であると信じられるような理由がある内容については、名誉毀損罪が適用されない可能性が高いので注意をする必要があります。